豊田城(常総市地域交流センター)


こちらは常総市地域交流センターの事を豊田城と呼んでいます。
平安時代末期〜戦国時代までこの地域一帯を支配していた豊田氏が、城を築城したため「豊田城」と呼ばれるようになりました。

施設内は広く1回がホール、2階は図書室、3階は石下の歴史展示室、4階は石下の産業展示室、5階は企画展示室、6階は長塚節関係の展示室、7階は展望台となっています。

こちらの施設は展望台から見える、富士山や筑波山の見晴らしの素晴らしさです。全てが一望出来ますので非常に気持ち良いです。